PR

HiMeLE Quieter4Cの紹介4 SATA-SSDは使える?

miniPC
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

はじめに

HiMeLE Quieter4Cで使用できるM.2 SSDは、NVMeのもの(PCIe 3.0 x 4で接続)です。
商品説明にもそう書いてありますし、PC本体のM.2ソケットにもシールが貼られてます。

QE4C M.2コネクター
M.2 2280 NVMe Only と記載されている

ここまでかかれていると、かえってやってみたくなるもの。
手元にSATA接続のSSDがあったため、使えるのか実験してみました。

スポンサーリンク

取り付け

QE4CにM.2 SATA SSD

取り付けたSSDは、

Kingstone製M.2 2280 SATA3 240GB
SA400M8/240G というものです。

PC本体側のソケットは、M keyタイプ。
このSSDは、基板切り欠きが、B+M keyタイプのため、問題なく取り付けられます。

スポンサーリンク

結果は

デバイスマネージャー

デバイスマネージャーでみたところ、認識されてました。
「KINGSTON SA400M8240G」と表示されてます。

SATA CristalDiskInfo

CristalDiskInfoです。

対応転送モード欄が、
「SATA/600 | SATA/600」
となってます。これは、
PC側インターフェース | SSD側インターフェース
という表示です。

SATA/600 ・・・SATA3で接続されてますね。

SATA CristalDiskMark

CristalDiskMarkの結果です。

SSD自体の性能は、
シーケンシャル読み込み(最大):500MB/s
シーケンシャル書き込み(最大):350MB/s
です。

それを上回る性能がでてます。
なぜかWriteがかなり早い。

このあと、SSDにWindows11をインストールしたり、20GB程度のデータを読み書きしましたが、何の問題もなく使えてます。

スポンサーリンク

まとめ

HiMeLE Quieter4Cでは、M.2 SATA SSDも認識することが分かりました。
ただ、わざわざNVMe Onlyとシールまで貼っているので、なにかあるのかもしれません。

M.2 SATA SSDを使う場合は、そのことに留意して使いましょう。

また、これからSSDを購入される方は、あえて、M.2 SATA SSDを使う理由はないので、NVMeタイプを選んだ方がよいと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました