PR

Let’sNoteの中古という選択肢-その3 CF-SV8を入手〜SSD交換

その他PC
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

手元に届いた

前回注文した、Let'sNote CF-SV8が手元に届きました。

外観

外観とバッテリ
外観とバッテリ
キーボードや筐体角部の状態
キーボードや筐体角部の状態

思っていたより、綺麗なものが届きました。こまかな傷はあるものの、筐体が割れていることもありません。
起動してみました。

起動してみた

初期

Windows11 Pro バージョン22H2が入ってます。
バッテリの状態は、結構よいようです。96%で、約10時間。

バッテリの状態の詳細は、Windows11で、Battery reportを出力して確認してみます。

TIPS

Battery reportは、コマンドプロンプトで、以下コマンドを使って出力します。powercfg/batteryreport

Battery report
  • DESIGN CAPACITY(設計上の容量)が42,480mWh
  • FULL CHARGE CAPACITY(フル充電時の容量)が44,290mWh
    設計容量より多い?!
  • CYCLE COUNTが92回!!

どうも、バッテリは最近交換されたもののようです。設計上の容量よりフル充電時の容量が多いのは、バッテリパックに内蔵しているバッテリ自体が、設計当初生産で調達されたものより、最近のものは、性能アップがあったのではないかと想像します。
バッテリに関しては、当面交換の必要がなさそうです。

スポンサーリンク

SSDを交換する

購入した状態を保管する目的と、SSDの読み書き性能向上を目的に、SSDを交換します。

内蔵していたSSDは、SAMSUNGのMZ-NLN256CというSATA接続の256GBでした。
これを、NVMe(PCIe3.0x4接続)のものに交換します。
Let'sNote CF-SV8のM.2スロットは、SATAとNVMeの両方に対応しています。

今回用意したのは、こちら

読み取り速度(最大)MB/s:3500MB/s
書き込み速度(最大)MB/s:2700MB/s
TBW:500TB

本体の分解

それでは、SSDが交換できるところまで分解していきます。

バッテリ取り外し

まずは、バッテリを取り外します。PC本体を裏返し、バッテリの2ヶ所のレバーを内側に押して外します。

封印シール

筐体の上面と下面の間にはってある、封印のシールと、クッション材のシールを剥がします。
封印シールは、再利用不可能。クッション材は再利用します。

見出し

封印シールを剥がすと、保証期間内であってもメーカー保証がなくなります。

次にネジを外します。

ネジ

ネジは全部で20箇所あり、3種類のネジが使用されています。

下面のカバー

すべてのネジをはずせば、下面のカバーが簡単に外れます。爪などの固定は一切ありません。

SSD交換

ほぼ真ん中にがあります。

SSDの表面には、保護フィルムがはられています。

保護フィルムをずらして、ネジを取り外します。

ネジを取り外したら、保護フィルムをはがし、
ついていたSSDをコネクタから抜いて、
新しいをコネクタにさして、ネジ止め、
保護フィルムを元に戻します。

あとは、カバーを元通りネジでとめ、クッションシールを戻し、バッテリを装着します。

確認

BIOS画面で、交換したSSDを認識しているか確認します。

TIPS

Let'sNote CF-SV8 でBIOSに入るには、
起動後に画面に「Panasonic」と表示されている間に、
「F2」キーを押します。
ちなみに、「Del」キーでもBIOSに入れます。

BIOS画面

ちゃんと認識されました。

CrystalDiskMark結果 2023/11/25追加

Windows11をインストール後にベンチマークしました。

Hanye E30 - CF-SV8

ほぼスペック(読み取り速度(最大)MB/s:3500MB/s、書き込み速度(最大)MB/s:2700MB/s)通りの結果が出てます。純正内蔵のSATA接続SSDに対して、5から6倍の速度が出ています。

スポンサーリンク

次回は

次回は、OSのインストールを行います。

  • Windows11Proをクリーンインストール
  • Linuxとのデュアルブート

コメント

タイトルとURLをコピーしました