PR

ジムニーJB64 R06Aエンジンのオイルフィルターを、指定トルクで締付けてみた

ジムニートラブル・メンテナンス
記事内に広告が含まれています。

こちらの記事で、

トルクレンチを使用しない場合、オイルフィルターは着座してから1/2〜3/4回転回すと紹介しました。
今回、オイルフィルターの締付け指定トルク14N・mできっちり締めた場合、着座してからどのぐらいの位置になるのかを確認しました。

スポンサーリンク

使用したトルク測定ツール

オイルフィルター締付けツール

この「ハンディデジトルク」を写真の位置に取り付けて使用します。

締め付け中のトルクがリアルタイムに表示されますので、規定トルクに達した時に、フィルターがどのぐらい回ったかを確認します。

スポンサーリンク

締付け作業と結果

フィルタのマーキング

オイルフィルターの側面に、1から4の番号が、90度ごとに書かれています。

この番号がどこに行くかで、締付けでどのぐらいまわったか確認します。

始点

始点位置
オイルフィルタを手で締めていき、着座したところで止めます。
力を入れず、指1本か2本でくるくる回して、止まった位置が始点位置です。

そこから、前述のツールを使って締付け、14N・mに達したところで止めます。

終点

この写真がその結果です。

締付けは、右回転(時計回り)なので、
3/4回転しました。

スポンサーリンク

まとめ

個体差によってばらつきはあると思いますが、今回はぴったり3/4回転でした。

オイルフィルターの締付けでよくある問題は、締めすぎの方です。
本記事を参考に、締めすぎないようにしましょう。


created by Rinker
京都機械工具(KTC)
¥1,360 (2024/01/05 16:44:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スズキ(Suzuki)
¥609 (2024/02/28 11:44:54時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました