PR

ジムニースピーカー変更

ジムニー社外パーツ情報
記事内に広告が含まれています。

ジムニーJB64の純正スピーカーを社外品に変えます。
用意したのは、カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)の16cmスピーカー取り付け用アダプターUD-K124と、16cmスピーカーTS-F1640Sです。

created by Rinker
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥3,684 (2024/02/28 10:20:22時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥12,836 (2024/02/28 10:20:22時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

準備

UD-K124
UD-K124

アダプターのドアとの接触面に付属のスポンジ(パッキン)を取り付けます。

スピーカー仮のせ

スピーカーを仮にのせてみました。突起があって、アダプターに対して位置が決まってきます。

配線アダプターコネクター

スピーカーに付属のカプラーアダプターです。車側の配線を加工せずとも接続ができます。

配線加工

先にここまで作っておきます。

スポンサーリンク

ドア内 配線&メインユニット取り付け

トリムとりはずし

ドアトリムを外します。以下順番に外していきます。

  1. ドアミラー裏のカバーを外す
  2. ネジ3か所を外す
  3. ドアトリムを外す
ミラーうら
ミラー裏カバーのクリップとツメ

ミラー裏カバーのクリップとツメの位置は、上の写真のようになってます。

ドアトリムクリップ

ドアトリムのクリップ位置は、上の写真のようになってます。
取り外すときは、下のほうから上に向かってはがしていきます。

スピーカー取り外し

純正スピーカーを取り外します。
プラスねじ3か所+樹脂クリップで止まってます。

スピーカー樹脂クリップ取り外し

スピーカーを外すと、樹脂クリップがありますので、これも外します。

スピーカー樹脂クリップ

スピーカー樹脂クリップの形は、上の写真を参考に

スピードナット

アダプターに付属のスピードナットを取り付けます。

アダプターと結線

アダプターを3本のネジで締め付けます。
スピーカーの配線と車両側の配線を結線します。
カプラーは、スポンジを巻いて、ドアの中にタイバンドで縛っておきます。

スピーカー取り付け

スピーカーを3本のネジで取り付けます。スピーカーへ結線するのを忘れずに。
あと、ねじは最後のほうがかなり固くなるので、ネジ頭をなめないよう、適切な大きさのプラスドライバーを使用しましょう。

配線まとめ

TS-F1640Sは、セパレートツーウェイスピーカーなので、高音と低音を分配するネットワークがあります。上の写真の位置に取り付けました。ドアの開口穴の中のほうは、水がかかりますので置かないようにしましょう。

配線完了

シーリングカバー(透明なビニールシート)を戻します。

スピーカーとトリムの間のスポンジ

スピーカー周囲に、付属のスポンジを貼り付けます。これは、ドアトリムとの隙間を埋めて、音をドアトリムのスピーカー穴以外に漏れないようにするものです。

右側ドア内

右側のドアも同じように取り付けます。

スポンサーリンク

ツイーター

ここでは、カバーを加工してツイーターを取り付けましたが、専用の取り付けキットも販売されてます。見た目は取り付けキットのほうが数段上ですが、カバー加工したほうが頑張った感があります。

created by Rinker
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥4,973 (2024/02/28 10:20:23時点 Amazon調べ-詳細)
ツイーター加工

スピーカーの箱に、加工用の型紙があります。それを使って、穴あけの場所と形をペンでカバーに書きます。

穴あけ加工1

穴は3か所開けます。一番上はねじ止め(タッピングビス)用の穴なので、大きく開けすぎないように。
大きな穴は、2~3mmのドリルで穴あけ後、リーマで拡大しました。

角穴加工

角穴のほうは、細身のカッターナイフで加工しました。素材が柔らかいので、結構簡単に加工できます。少しぐらいいびつでも大丈夫です。(次からの写真参照)

スピーカー付属の金具を取り付けていきます。

金具1
金具2

2か所ねじ止めします。

裏側は

裏側はこれだけネジが飛び出してきます。けがをしないように。

ツイーターはめ込み

ツイーターの配線を、角穴部分に通して、金具にはめ込みます。

ツイーター取り付け画像

ツイーター取り付け状態

ツイーター配線

ツイーター配線は、カバーの裏側にまとめて貼り付けておきます。
ショート防止のため、ツイーター取り付け金具のタッピングネジに配線が接触しないようにしましょう。
写真では、念のためネジの先にテープも巻いています。

ドア側ツイーター配線

ドア側ツイーター配線と結線し、ツイーター付きカバーをドアに取り付けます。

左側完成

完成しました。カップホルダーがちょっと邪魔ですが...。

左ツイーター

きれいに取りつきました。(自己満足)

右側ツイーター

右側も同様。

スポンサーリンク

まとめ

結構簡単に取り付けできます。
一部穴あけ加工をしましたが、それをしなくてもよい、ジムニー専用キットも販売されていますので、それを使えば、より簡単に取り付けられるでしょう。

音のほうは、特に高音側が改善されます。

ご自分での取り付けに、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました