PR

ジムニー豆知識024 ジムニーのバッテリー

アイキャッチ バッテリー ジムニー豆知識
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

ジムニーJB64/JB74が搭載する鉛バッテリー

55B24L
スズキ純正55B24Lバッテリー JB64-1型 (マイナス端子締付け中)

ジムニーJB64/JB74の鉛バッテリーは、アイドリングストップのあり/なしで異なり、以下の表のようになっています。

アイドリングストップ なし あり
JB6455B24LN-55
JB7455B24LN-55
純正品番33610-60GV133610-71L10
バッテリー

この、「55B24L」とか「N-55」は、JIS規格で定められており、JIS規格はそれぞれ

  • JIS D 5301 始動用鉛蓄電池
  • JIS D 5306 アイドリングストップ用鉛電池

になります。規格上のスペックを色々比較してみました。

55B24L N-55 参考
38B20L
解説
総高さ(端子込み)227mm
箱高さ(端子ぬき)203+0-5mm
129+0-4mm
長さ238+0-4mm197+0-4mm
定格リザーブ
キャパシティ
64分43分満充電後、鉛蓄電池25℃
25A放電で電圧10.5Vになるまで
連続通電可能な時間
20時間率容量42Ah32Ah満充電後、鉛蓄電池25℃
20時K率電流で、10.5Vまで
連続通電可能な時間
42Ahは、2.1Aで連続20hということ
定格コールド
クランキング電流
370A265A
軽負荷寿命1,800回項目なし1,300回
重負荷寿命記載なし項目なし記載なし
アイドリング
ストップ寿命
項目なし30,000回項目なし
充電受け入れ性4.5A8.4A3.5A
回生充電受入制項目なし420A・s項目なし
表:JIS D 5301,JIS D 5306をもとに、項目を抜粋してもーろぐにて作成
draw
バッテリ寸法概要

55B24LとN-55では、

  • サイズは全く一緒。
  • バッテリ容量(定格リザーブキャパシティ、20時間率容量)も一緒。
  • エンジン始動時の出力性能(定格コールドクランキング電流)も一緒。
  • N-55は、アイドリングストップにあわせて、短期間で充電できるようになっている(充電受け入れ性・回生充電受入制)、また放電/充電の繰り返しにつよい(アイドリングストップ寿命)。
N-55
スズキ純正N-55バッテリー 写真の車両はジムニーではありません。(ドライブレコーダー動作テスト中のもの)
スポンサーリンク

交換するバッテリについて

バッテリーの記号

55B24L
性能ランク外形区分(幅 x 箱高さ)外形区分(長さ)端子位置
※1129mm x 203mm238mm左が+端子
記号について
N-55(記号なし)
外形区分(幅x箱高さx長さ)性能ランク端子位置
129mm x 203mm x 238mm
・・・B24と同じ
※1左が+端子
※2
記号について
NOTE

※1:性能ランクは、定格リザーブキャパシティ x 定格コールドクランキング電流 できまる。
※2:右が+端子のものは「R」がつく

バッテリー端子位置
バッテリー端子位置

交換するバッテリーは、車両側のスペースや取り付けブラケットの関係上、サイズは一緒であることが好ましいので、

55B24L に対しては、○○B24L○○は55かそれ以上。たとえば、75B24L80B24LもOK)を、
N-55 に対しては、N-□□□□は55かそれ以上。たとえば、N-65N80 もOK)を

選択すればOKです。

選ぶときに、より数字が大きい(性能ランクが高い)ものを選ぶのか、純正と同じとするのか、迷うと思います。
参考までに、私は過去の経験から、純正と同じ性能ランクでよいので、日本メーカーのものを選ぶようにしています。
多少の性能アップより、信頼性を選びます。

例えば、以下のFB(古河電池)のバッテリー

55B24Lなら

N-55なら

INFO

私のJB64 1型 MT(アイドリングストップなし)バッテリーは55B24Lは、新車から3年以上使い続けていますが、まだまだ交換時期ではありません。

スポンサーリンク

注意したいこと

JB64/JB74以前のジムニー(JB23など)とのバッテリーの違い

JB23など、JB64/JB74以前のジムニーでは、端子の位置が逆のバッテリーが使われていました。(例 38B20R、55B24Rなど)
ジムニーだから同じだろうと、間違ったバッテリーに交換すると、プラスとマイナスが逆接続になり、車両を壊わすことになるので、注意しましょう。

CAUTION

バッテリーのプラス端子はマイナス端子より若干太くなっています。
しかし、端子が緩いとかきついとか、違和感はありますが、つなごうと思えばつなげます。
しっかりプラスとマイナスの位置を確認してバッテリーを購入しないと、
「バッテリーを交換したら、車が動かなくなった。よく見たら、バッテリーのプラスとマイナスが逆だった」ということが起こり得ます。(知人で実際にいました)

アイドリングストップ車には、専用バッテリーを

アイドリングストップ車用のバッテリーN-55は、普通のバッテリー55B24Lより高額です。
高いからといって、普通のバッテリーをアイドリングストップ車で使用すると、バッテリーの劣化が早まります。アイドリングストップは、バッテリーに厳しいのです。
必ずアイドリングストップ用のバッテリーを使用しましょう。

ちなみに、アイドリングストップなしの車両に、アイドリングストップ用のバッテリーを使用するのは問題ありません。ただ、費用対効果があるか(金額分長持ちするか)というと疑問です。

キャンプなどでの、車載バッテリーからの給電について

どのぐらい、電気を取り出せるかは、冒頭のスペックの表の「20時間率容量」が参考になります。
純正採用しているバッテリー55B24L、N-55とも、規格上は
20時間率容量:42Ah
であり、これは20時間流し続けられる電流は、2.1Aということになります。
(20h x 2.1A = 42Ah)
バッテリ電圧は約12Vですので、2.1Aだと約24Wですね。

ちなみに、2倍の4.2A流すと10時間もつか(10h x 4.2A = 42Ah)?といえば、そうはなりません。
もっと短くなります。
JIS D 5301や、JIS D 5306には、参考として、「定格5時間率容量」というのがあります。
バッテリー55B24L、N-55とも、36Ah となっています。(36Ah = 7.2A x 5h)
ここからわかると思います。

NOTE

JIS規格上の数値です。(定められた条件で測定した値)
バッテリーメーカーや、劣化状況、使用温度などによっても変わってきます。

理解したうえで、バッテリー上がりのないように使いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました